FC2ブログ

後日談

マロンガが月に行って3週間…
彼が居なくなった4畳半は宇宙の広さです。

こんなに広かったか…


さて…後日談。

ウチの近所は確かに田舎で、野うさぎの生息地域ですが、あまり姿を見ません。近年…日本には元々いないはずの穴ウサギをたまに見ます。まあ両方、滅多に見ないのは変わりません。

2月9日の日中の話…
自宅に誰もいない時間帯にマロンガは旅立ちました…その同日の同じ頃.ウチの近所の奥さん方数名が…

滅多に見ないはずの白いロップイヤーとゴールドのロップイヤーのペアを!!

ウチの庭先から県道を超えて畦道を走り去るのを目撃したそうです…

奥様方はマロンガが脱走したと思い…母親の携帯に電話をしたそうで…母親がそんなはずはないと否定して奥様方を安心させたそうですが…

母親は…そのうさぎが確かにマロンガなのだろうと思ったそうです。

皆様はどう思いますか? 偶然にしては出来過ぎですよね…自分もそう思います。ましてやゴールドのロップイヤーと一緒。

奥様達にマロンガが亡くなった話をしたのはその話を聞いてからです。 皆さんびっくりしてそんな事ってあるのだなぁと、ただただ絶句していました。

自分は前にも書いていますが、霊感とやらを微塵も持ち合わせていません。ですから死後の世界なんてものは『有ってもいいんじゃね?』くらいの感覚でした。

しかしここ数年、ママンガに出会い…
このブログで書いた通り、出会ったいくつかの生命と別れを通じて、確信しました。

どうやら自分が居なくなったとしても、世界は続いていき、自分にも続きがあるのだろうと…

どんな形でどんなルールでどんな宗教の元に?
自分の様な出来の頭じゃ解る訳もありません。

それでは…死後の世界があったとして、どんな生き方をすれば良いのか? さらに解りません。 人がどの様生きていけば良いなんて提言できる程、実績もなく実力もありません。

ただ自分は…今を受け入れて大切にしていこうと思いました。 どうしようもない現実。 目を顰めてしまう出来事や実情。 正直…1分1秒だって感じていたくない不安や憤り。

そりゃ良い事もありますが…悪い事のインパクトに比べればないに等しいかも知れません。

全てのしがらみから解放された時期が自分に訪れるならば…冷静に振り返る事が出来るでしょう。

その時に今の自分なりに事態に取り組んでいれば、振り返る自分の視線は暖かいものになるだろうと思います。


やがて大樹となるか?

マロンガの墓標代わり枝垂れ梅




小さな枝に花を咲かせた。


毎回の散文にお付き合い頂いて
ありがとうございます。

あっ!
この文章だと勘違いされてしまうかも知れませんね…

今、自分は割と平穏に暮らしていますよ(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 後日談

共感して頂ける事があり、何か100万人の味方を得た気分です。ありがとうございます。

春になりましたね。 桜が色づき始めました。
先日…飼い犬のパンダの散歩をしていると…マロンガやモモンガの大好物のセリが美味しそうでつい採り過ぎてしまいました。 セリの味噌汁にセリの煮浸しを作り春を味わいました。 マロンガに今年も食べさせてあげたかったですね…

色々と思う事はありますがまた季節が巡ってきます。
貴方の愛兎さんが気持ちよく春を感じてくれると嬉しいです。 生きる瞬間を存分に味わうのは、我々の権利であり義務であり希望なのでしょう。

いつもコメントありがとうございます。

はじめてコメントします。実はブログ自体はママさんが書かれてれた時から読んでいました。

私は立ち耳うさぎを飼っていました。別れてから4年経ち、久しぶりにウサギをまた飼ってみようと里親募集を探していたら、ふと脳裏にマロンガちゃんのことが…。更新が無いのは元気の証拠!とブログからしばらく離れていましたが、久々に覗いてみようと検索すれば、突然の訃報に驚いております。
きっとモモンガちゃんと楽しく月で遊んでいるでしょう。うちの子とも仲良くしてくれていると嬉しいです。
梅の木、立派に育ってくれますように。

Re: 後日談

ご来訪ありがとうございます。
ママンガの頃からですか(^^)
ママンガ、モモンガ、マロンガ…覚えていてありがとうございます。とっても嬉しいです。(^^)

またウサギさんと暮らすのですね。素晴らしいです!

生き物と関わって生きる事は必ず辛い別れがありますが…
上手く言えませんけど、辛い別れより大きく得難い温もりの記憶が残ります。その温もりは我々が消えて忘れ去られたとしても我々が関わった人々に波及しその先に残ります。我々の祖先がそうやって生きてきた様に…だから我々は生き物を愛おしく思うのだと感じています。

貴方の元にいた立ち耳さんは、貴方の温もりからきっと新しい子に温もりを届けると思います。貴方の記憶にある温もりは未来に波及するでしょう。

新しい子と楽しい思い出を沢山作ってくださいね
プロフィール

パパンガ

Author:パパンガ
パパンガ

40歳男
会社員・カメラマンでもある
亭主関白を気取っていたけれど、ママンガの影に怯え、チョイ悪オヤジに成りきれない迷える子羊の様な不惑間近の男。AKB48のグラビアを覗いていると、ママンガの気配を背後に感じてしまう。そろそろお払いにでも行こうか~とか真面目に考えている。ママンガ~成仏できたかな~~~~~
お~いママンガ~モモンガ~オイラとマロンガは今日も元気だよ~~~。今はご主人様「マロンガ」にお仕えしている・・・

ママンガ
ブログ「へたれ耳うさぎ」創設者。
2010年6月26日、モモンガをパパンガに託して月に旅立った
今頃モモンガと仲良く楽しくやっているはず?そうだといいのだけど〜。人から言わせると自分を見守ってくれている様です。 おいらに霊感がないので、さっぱり解りません。

モモンガ
このブログの初代主役。
2011年8月17日、月に帰った。今頃はママンガと不器用なパパンガを見守ってくれているはず?
だけど本当はすっかり忘れている可能性大・・・
かわいい奴だけどウサギの割にハイパワーの持ち主で・・・
力技でパパンガの財産を破壊してきた。かむ力はほぼ肉食獣・・・

マロンガ
2012年5月5日、スーパームーンと共にやってきた・・・
白ブチウサギ、へたれ耳でもある・・・
軽快なフットワークでパパンガを翻弄、モモンガの半分の体格で食う量は同じ、素晴らしい燃費の持ち主。ECOカー認定はまず無理。
最近パパンガを縄張りにしているのでウッカリ側で寝るとチッコを引っ掛ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR